ポップキャンディの秘話
第1話

「ポップキャンディ」が産声をあげたのは、1954年(昭和29年)の神奈川県・鶴見工場。そう、今から50年以上も前の出来事です。当初は、スティックをさす工程も、型押しや包装もすべて手作業。機械化量産を一刻も早く成功させて、多くの人に喜んでもらうことが急務でした。
そんな折、“棒付きキャンディ"ならでは難題が重なります。というのも、最初の「ポップキャンディ」の棒はプラスチック製だったのですが、お子様への安全性を考えて紙製に変更することに。つまり、“量産"と“紙スティックへの変更"…この2つを両方クリアするにはどうしたらいいのか、試行錯誤が始まったのです。


次へ
トップへ

(C)FUJIYA CO.,LTD. All Rights Reserved.